天珠比較図鑑

ここでは小盧ブランドの天珠と中国各地のショップで売られている、様々な天珠を写真を交えて解説します。 天珠購入の知識としてお役立てください。

ここで紹介している小盧以外の天珠は中国現地で1元(約14円)~500元(約6700円)で購入してきた物です。

小盧至純天珠

小廬の天珠小盧は天珠を現在に蘇らせた老舗ブランドとして、圧倒的な技術水準を誇っています。特に瑪瑙(めのう)に紋様を染み込ませて焼き付ける技術は、小盧独自のものです。

この独創的な技術水準は、他の天珠製造会社の目標にもなっています。

中まで紋様が染み込んだ天珠それを証明するひとつとして天珠を割ってみると良くわかります。

左の写真をご覧ください。
瑪瑙に紋様が完全に染み込んでいます。老天珠もこのように紋様が瑪瑙の奥まで染み込んでいるのが特徴です。

また、至純天珠は表面に宝石のような光沢があり他社の天珠と一緒に手に取って見ると、その違いは一目瞭然です。

至純天珠との違い

他社天珠

最近、通販会社で販売している天珠

他社天珠人工石に紋様を彫り、その部分に着色しています。
他社天珠よくみると、紋様を彫って失敗した跡が見られます。(笑) 他社天珠割ってみると紋様は
石にしみこんでいません。

量販店T・Hなどで売られている天珠

他社天珠人工石にペンキのようなもので
紋様を書いているだけなので、
紋様がはがれてきます。
他社天珠割ってみても当然、
紋様は染み込んでいません。

黒い天珠

他社天珠他社天珠

やっぱり、人工石に紋様は染み込んでいません。

老天珠風の天珠

他社天珠このタイプは中国では他のものより高値で売られています。
そのせいか、老天珠と間違えて買って行く人も多いとか。

他社天珠瑪瑙に紋様が染み込んでいません。

老天珠風の天珠2

他社天珠このタイプも中国では他のものより高値で売られています。
そのせいか、老天珠と間違えて買って行く人も多いようです。

他社天珠やはり紋様が石に染み込んでいません。

ひび割れ天珠

このひび割れ天珠はネットやショップで老天珠と偽り販売している場合があります。ひび割れた姿が一見古びたもののように見えるためでしょうが、これは明らかな失敗作です。
珍重されているや貴重等の説明がありますが、全くの間違いで当社では失敗作として破棄しています。

ひび割れ天珠天珠のひび割れ模様の事を龍紋(りゅうもん)といいますが、
これはただのひび割れです。
ひび割れは焼き付けるときに高温になりすぎたりすると起こるもので
当社では不良品として破棄されます。
写真の天珠は他社製品で広州で約2,200円で買ってきた物です。(2004年8月)

ひび割れ天珠広州の販売店で約1,600円。(2004年8月)

ひび割れ天珠ほとんどの店で値段が表記されていません。

ひび割れ天珠こちらはひび割れというより、ほとんど壊れています。(笑)

ひび割れ天珠

ここの店でも価格は表示されていません。

プリント天珠

型紙のようなものでマスキングして塗料を吹き付けたような天珠。
私たちはその手法から「プリント天珠」と呼んでいます。
(注意:プリント天珠は正しい呼称ではありません)
瑪瑙の密度や目(石の目)によって塗料が深く染み込みません。
レンコンの断面のような紋様を多く採用してるのが特徴です。
中国広州で約4,300円。(2004年8月)

店頭ではひもでつながれて2コセットで販売していました。

こちらは塗料が染み込まなかったため
何の紋様かさっぱりわからなくなっています。(笑)
中国広州で約2,600円。(2004年8月)

そのほかにも瑪瑙ではない天然石、人工石で出来た物など、質の低い天珠がたくさん出回っています。